塗り替えスタートガイド

白いこな・クラック・劣化・汚れ・サビ・藻・コケ・割れ

塗り替えのタイミングとは?建物が出す塗り替えのサインをチェックしよう!

建物を長く安心して利用するためには、適切な時期に適切な塗り替えをすることが重要です。塗り替え時期はお住まいの環境によって変わってきますが、おおよそ5年~10年と言われています。
塗り替え時の判断は、建物の出すサインを参考にするとよいでしょう。下記を参考にご自身の建物をチェックしてみてください!業者選定や塗装プラン選定の参考になります。

外壁

塗り替えスタートガイド

チョーキング

長い間、雨・太陽熱にさらされて劣化により塗膜が粉上になる事をチョーキングと言います。
壁をこすると手に白い粉が着く状態です。この状態になると防水機能がなく、雨を外壁が吸水し長期間放っておくと外壁が腐りボロボロになってしまいます。クラックより緊急度が高い状態です。

クラック(ひび割れ)

雨水が入り内部を腐らせたり、基礎内部の鉄筋をサビさせ家の耐久性が下がります。建物内部を厳しい外部環境(温度変化/風雨)から保護するためにとても大切なチェック項目です。

カビ・苔・藻・汚れ

塗料の保護機能が無くなって壁が水を吸う状態、又は水を吸う初期段階、外壁腐食が始まっている事を示すサインです。

シーリングの割れ・クギ付近の割れ

外壁がサイディングの場合シーリングの劣化やクギの割れなどで隙間が生じ、その部分から雨水が侵入します。軽度な割れでも台風等には耐えられず放っておくと外壁そのものがダメになってしまいます。

ページトップ

お問い合わせ

マムズクリエイティブグループ
Copyright© 2013 外壁塗装リフォームのT-TEC All Rights Reserved.